FC2ブログ
TOP 当サイトについて 管理人に連絡
カウンター

アクセス解析

コンテンツ

  • 当ブログの運営方針(2)
  • 告知・私信(3)
  • とりとめの無いこと。(9)
  • バカスwww(43)
  • マンガ(22)
  • ゲーム(15)
  • スポーツ(17)
  • AA(1)
  • 時事(4)
  • 音楽・映画(6)

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

セティM

Author:セティM

名前の由来:

セティにあまり意味はないようです。
Mは、周りから「お前はMだ、Mだ」とよく言われるのでなんとなくつけてみました。


やっぱりMです。

RSSフィード

「ひぐらしのなく頃に」オヤシロさまドットコム


| ホーム |
テーマ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
線
テーマ
【サッカー】日本 VS ブルガリア
今回はサッカー日本代表VSブルガリア代表戦の感想を。



前節試合のあった鹿島・浦和のメンバーの疲労なども考慮し、いわゆる控え組の選手にも試合出場の機会が与えられ、通常とは違うポジションでの起用もあった。



トップ下で起用された遠藤や、右ボランチとして起用された阿部、代表生き残りをかけた巻の動きなどを注目して見てみた。




まず前半。


いつもと違う組み合わせだが、意外に遠藤と阿部が、お互いにポジションチェンジをしつつ効果的なビルドアップや配球に貢献していた。



特に遠藤は、守備参加、左右への配球、ミドル、飛び出しなどを、トップ下という慣れないポジションで精力的に勤めた。



後半の選手交代によるシステムチェンジにも柔軟に対応していたし、やっぱりこの選手は器用なんだなぁと、改めて思った。必要な選手なのは間違いない。




玉田も、中盤まで引いてビルドアップに参加、左右に流れてからの突破やクロス、ミドルレンジからのシュート、裏に出ての勝負、切り替えしと、動きに精彩があった。


あと一つというところで決まらないのは、やはりリーグでの不調がまだ尾を引いているといったところだろうかw






右サイドの守備は、田中誠と加地が比較的安定して守っていたように思われる。


加地はいつもに比べてやや引き気味だったようだが、それでも前半30分過ぎに、裏の遠藤へクロスをあげるなど、攻撃にも効果的に参加していた。





対して左サイドの村井は、恐らく上がり気味に
ポジショニングするように指示があったのだろう。

終始積極的に攻撃参加したが、当然その裏のスペースは使われる結果となった。(1失点目も相手右サイドからのクロス)


これは村井個人の責任とは言えないが、やはり守備という面で一抹の不安は残った。しかもこの試合中に村井が負傷してしまったため、左サイドは本当にサントスへの依存度が高くなってしまった。


あと、笑いどころとしては、宮本がオサレヘッドで
危うくオウンゴールをかましかけたところかw









ついで後半。


負傷退場の村井の代わりにサントスが出場。やはり前節の疲労は残っているのだろう。普段に比べて突破のキレなどは明らかに欠いていた。それでも巻へのアシスト(シュートパスとも言うw)を果たすあたり、やはりレギュラーは譲れないといったところか。



後半16分に福西・田中誠が退き、小笠原と小野がピッチへ。



この2人の途中出場は明らかに効いた。



小笠原は右サイドへのサイドチェンジ、ミドルシュート、
中盤でのタメ作りなどに効果的に動いた。


小野も投入直後こそ、若干周囲との連携に歪みが見られたがすぐに修正。自らのシュートや、サントスへのスルーパス、玉田へのピンポイントパスなど、小野らしいプレイが随所に見られた。



玉田とコンビを組んだ巻も、精力的に動いていた。今回はその長身を生かしたポストプレイはいつもほど無かったように思うが、その分を運動量と裏への意識で補っていたように見える。

ラッキーとは言え1点取ったことも、本人にとって小さくは無いだろう。




2失点目はある意味アンラッキーだが、本番でああいうのは無しにしてもらいたい。最後にボールを華麗に見送っていたのが、またも宮本だったのが笑いどころその2かw




あと気になったのは、前半にも見られたが、特に後半23分、33分、42分の3回、中央バイタルエリアをドリブルで持っていかれ、ボランチやDFごと引っ張られた場面が目だった。


後半20分ころからブルガリアの足が止まっていたこともあり、決められる事はなかったが、ブラジルやオランダなど決定力の高い国とやっていた場合、かなり高い確率で決められていたであろうと思える、かなりやばいズルズルぶりだった。



ボランチに阿部が入っていたこと、ジーコがボランチに位置をあげるよう指示していたことなども関係しているのだろうが、本番までには修正してもらいたい。


あとやっぱり宮本のライン統率はいいけど、対人守備が不安だ。4年前からそうなので、もう今更というところだがw




総評として、スコアは2-1で負けたが、そのわりには収穫もあった試合なのではないかと思う。





一つ気がかりなのは、負傷した村井の代わりに、誰を左サイドのサブとして招集するか、という事。



本戦で、例えば1点差で後半残り10分という局面が有った場合、守備固めでサントスの代わりに左に誰を入れるのか。


もう日にちもないし、難しい選択が迫られそうだ。
スポンサーサイト
【2006/05/09 22:07】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
線
<<決め台詞の最後に、一言加えて台無しにする | ホーム | リアル北斗のヨハネスブルク>>













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://birdskin.blog51.fc2.com/tb.php/101-3ff68e27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
2ちゃん系リンク

このブログをリンクに追加する

リンク

人気記事ランキング


アクセス解析

アクセスランキング


アクセスランキング

ブログランキング

ブログランキング
参加中です!ヽ(´ー`)ノ

FCブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
ブログ人気ランキング

ブログステータス

Google PageRank™

スポンサード リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。